迷子札をつけよう

 

家族を守るために

 

いつも一緒にいるから。室内飼いだから。

ほんとうに大丈夫でしょうか。

もしお出掛け先で大きな音に驚いて逃げてしまったら?
災害時などにパニックを起こしてお外へ出てしまったら?
そして必死に探し回っても見つけ出してあげられないとしたら。

 

「うちのコだけは大丈夫」だと思っていても、日本は地震などの災害が多い国です。
災害時に行方不明になってしまうケースが多々あるのです。

 

もしもに備え家族を守る対策は万全にしておきたいですね。
 

迷子札が付いていたなら

 

迷子のわんちゃんや猫ちゃんが保健所(動物愛護センターなど)に収容された場合、その命の期限は3日から1週間です。(各自治体により保護収容期間が異なります。)

迷子札さえ付いていれば無事にお家に帰ることができたのに・・・

という状況を実際に私も見聞きしてまいりました。

そして不幸なわんちゃんや猫ちゃんが1頭でも減って欲しいという思いを込めて、2003年の創業以来ひとつひとつ迷子札をお作りしています。



環境省ホームページより
東日本大震災における被災動物対応記録集より(犬の統計)



迷子札 鑑札 狂犬病予防注射票のいずれかをつけていた犬の身元判明率は100%でした


 

大切な家族への愛のかたち

 

かけがえのない家族の一員だからこそ
その愛情をかたちにして欲しい

不幸なわんちゃんや猫ちゃんが1頭でも減って欲しい

愛犬さん愛猫さんを守ってあげられるのは飼い主さんだけなのです。

 

あなたの大切な家族に必ず迷子札を付けてあげてください


Picomからのお願いです


   Picom店主 松浦 みづほ
 

*Picomでは迷子札の売上金の一部を犬猫保護活動等をしている団体に寄付させていただいております。
LINK:犬猫保護活動への寄付のご報告